モノづくりで未来を創る、クリモト

入社1年目の生活 [栗本鐵工所]

お問い合わせ

入社1年目の生活

採用情報

クリモト人になるまで 若手社員の育成について

志望動機

以前からインフラを支える仕事に就きたいとは考えていました。クリモトを知ったのは就職活動を始めてからですが、まず惹かれたことは、官公庁向けのインフラ事業はもちろん、民間企業向けの事業に対しても強みを持っている点です。また、実際に働いている社員より、若いうちから大きな仕事ができると聞いて、そのやりがいに魅力を感じ、志望度が高まりました。

私が考える学生と社会人の違い

社会人になると、専攻知識だけでなく、物事の進め方や相手に解りやすく話す方法等、これまでの経験が仕事にそのまま活かされるようになります。そして、自分が頑張ってやったことが、誰かの役に立っているという達成感が得られます。

入社して今まで、最も記憶に残っているできごと

入社して初めて案件を任された時のことが今も印象に残っています。わからないことが多く、営業の方と何度も打ち合わせを重ね、ブラザー(先輩社員)にも質問しながら進めました。仕様に合わせた設計ができて、お客様に褒められた時は本当に嬉しかったです。「自社製品をどのように配置して使えば、お客様の希望通りになるか」を念頭に置いて工夫することが楽しいと感じました。

私の一日

07:30
出社
(机についたら、まずその日にやるべきことをチェックします)
08:00
図面作成、営業からの問い合わせ対応
12:00
昼食
13:00
先輩の試験補助 (試験機器の組み立て、データの整理・分析 等)
図面作成
17:00
退社
(納期が追っている業務がある場合は、残業することもあります)

今後の目標

お客様からの要望を聞き逃さず、その本質を汲み取って、製品の設計・開発に反映できる技術者になることです。