モノづくりで未来を創る、クリモト

クリモト環境基本方針 [栗本鐵工所]

お問い合わせ

クリモト環境基本方針

平成10年6月2日制定
平成19年9月25日改定

私たちは全ての事業活動において、
水と大気と生命(いのち)の惑星、地球の環境にこだわったモノづくりに励みます。

1.環境経営および継続的な環境保全活動の推進

環境への配慮を企業経営に統合する環境経営という考え方に基づいて取り組みます。
クリモトグループに環境マネジメントシステムを展開することにより環境保全活動の継続的改善を図ります。また、クリモトグループの地球環境保全活動に取り組むために環境委員会を機能的に運営し,環境マネジメントシステムの効果的な運用を図ります。

2.法律、規則、協定、行動計画等の順守および環境リスクの排除

環境基本法、環境関連規則、関連行政機関や各種団体・企業との協定および自主行動計画等を順守し、環境汚染防止、環境リスクの排除に努めます。

3.省エネルギー、省資源、廃棄物の削減、リサイクルにより環境負荷低減の推進

生産活動において不良・仕損等を排除して省エネルギー、省資源活動を推進するとともに、廃棄物の削減と有効利用およびリサイクルにより環境負荷低減の推進に取り組みます。

4.環境負荷低減型製品への移行推進および環境保全機器設備の開発

全製品の原材料調達、生産、流通、使用、廃棄の各段階で環境に対する負荷を最小限にするように配慮します。また、環境保全が可能な機器設備の開発・普及・導入を積極的に推進します。

5.全従業員の環境教育、啓発

環境教育、社内外広報活動を実施し、全従業員の環境への理解と環境問題への意識向上を図ります。

6.社会貢献活動への参加の促進

より良い地球環境の実現をめざし、市民として社会貢献活動への参画・支援に積極的に取り組み、ステークホルダーと環境コミュニケーションを図ります。

栗本環境委員会

私たちは、事業活動において環境への配慮を経営の重要課題のひとつとして捉え、環境担当取締役を委員長とする栗本環境委員会を1998年4月に設置しました。
この委員会は、栗本環境基本方針のもと、事業部・事業所を横断的に結び、地球環境保全活動の推進、環境負荷低減の推進と環境保全機器設備の開発を効果的に行い、持続的発展が可能な社会の構築に貢献することを目的としています。

環境委員会組織図

この組織は、審議機関として環境委員会があり、その下部に実行部門として推進部会を設置し、環境自主行動計画を策定して鋭意推進します。

組織図