モノづくりで未来を創る、クリモト

ブレーキディスク [栗本鐵工所]

お問い合わせ

ブレーキディスク

本製品の担当窓口 素形材エンジニアリング事業部

  • この製品について問い合わせる
  • 印刷する

概要

優れたブレーキ性能により鉄道車両の安全と安心を提供

1964年新幹線開業以来、栗本は鉄道車両用ブレーキディスクを提供し続けています。
栗本が開発したブレーキディスク材料は、ニッケル(Ni)、クロム(Cr)、モリブデン(Mo)を含有した低合金鋳鉄材料(NCM材)で、その優れた性能は国内外の鉄道車両に広く採用されています。
また、栗本は鉄道車両用ブレーキディスク材料の開発とともに、ベンチテスト機(実物大台上試験機)によるブレーキディスクの性能試験、評価も行っており、各種環境・条件による適切なブレーキディスクの選定、設計を行います。

特長

耐摩耗性が高い

NCM材料は。従来鉄道車両用ブレーキディスクとして使用されてきたねずみ鋳鉄に比較し、優れた耐摩耗性を有し、メンテナンスコストを低減します。

耐熱亀裂性が高い

ねずみ鋳鉄に比較し、熱き裂の発生が抑制され、安全性の向上が図れます。

熱伝導性が高い

高負荷条件下での使用でも、熱変形が生じにくく、長期に渡り安定したブレーキ性能を保持します。

用途

鉄道車両用ブレーキディスク

本ページの所管部署 素形材エンジニアリング事業部

製品一覧に戻る

交通・輸送機器・情報通信関連製品広告

  • 機能材プロセス機器総合カタログ
  • 塑性加工機カタログ
  • 建材事業部 カタログ・価格表
  • 化成品価格表