モノづくりで未来を創る、クリモト

ハイブリッドシステム工法 [栗本鐵工所]

お問い合わせ

ハイブリッドシステム工法

本製品の担当窓口 鉄管事業部

  • この製品について問い合わせる
  • 印刷する

概要


非開削で急曲線を含む基幹管路の構築を!
経済的な水道管路の構築を!

さや管構築は推進・シールド併用型非開削工法、           
本管構築は持込・押込併用工法と、                    
二つのハイブリッド工法の活用で工期短縮。              
経済的に基幹管路の構築が可能に。

特長

急曲線を含む線形でも対応可能

最小曲率半径15mを含むような線形でも布設できます。

さや管の構築

さや管は、推進・シールド併用型工法で構築。

本管布設

本管は、持込・押込併用工法により、工期の短縮に。

詳細

性能

ハイブリッドシステム工法の特長

●さや管の構築

「推進・シールド併用型 非開削工法」

  • 発進立坑から急曲線区間手前までの、直線を中心とした区間は推進工法で、
    急曲線区間の手前でシールド工法に切り替えて、さや管を構築するハイブリッド工法です。
    (切り替えのための中間立坑は不要です)
  • 推進工法の施工性・経済性とシールド工法の線形の自由度を兼ね備えた工法となっています。

●本管の布設

「PN形ダクタイル管による、持込・押込工法」

  • 急曲線を含むシールド区間では、PN形ダクタイル鉄管を持込工法で、
    直線が中心の推進区間では、押込工法で管路を構築します。

    (呼び径700は、すべて持込工法となります。)
  • 持込工法と押込工法との境界は、ドッキング台車を用いることで、
    容易にさや管内で接合が可能です。

その他

PN形ダクタイル鉄管

  • パイプ・イン・パイプ(さや管内挿入)を目的とした耐震型のダクタイル鉄管です。
  • 持込工法において、管内での接合作業が可能です。
  • さや管の口径より3口径小さなPN形ダクタイル鉄管を布設することができます。

さや管と本管との適用口径

さや管(推進・シールド)呼び径 1000 1100 1200 1350 1500 1650 1800 2000
本管(PN形ダクタイル鉄管)呼び径 700 800 900 1000 1100 1200 1350 1500

工法比較

本ページの所管部署 鉄管事業部

製品一覧に戻る

水パイプライン製品広告

  • ダクタイル鉄管価格表
  • ダクタイル鉄管カタログ一覧
  • ダクタイル鉄管ガイドブック
  • 継手シンボル表
  • バルブ価格表
  • バルブCADデータ・ダウンロード
  • 化成品価格表
  • ハザードレジリエント ダクタイル鉄管
  • ハイブリッドシステム工法協会
  • Re-パイプシステム工法協会 公式Webサイト