モノづくりで未来を創る、クリモト

さや管推進工法「EPS工法」(GX形・NS形ダクタイル鉄管用) [栗本鐵工所]

お問い合わせ

さや管推進工法「EPS工法」(GX形・NS形ダクタイル鉄管用)

本製品の担当窓口 鉄管事業部

  • この製品について問い合わせる
  • 印刷する

概要

推進工法で耐震性能を発揮!

GX形およびNS形継手の性能を開削工法と同様に発揮させる、耐震管用の「さや管推進工法(EPS工法)」です。

特長

簡単・確実

継手接合に必要な工具で推進力伝達リングを取付けられ、特殊工具・特殊技能を必要としません。

スピードアップ

工事完了後、推進力伝達リグを取り外す必要がなく、後工程が全く不要です。

ローリング対策

キャスターが全周に均等配置されており、ローリングしても推進力の増加がありません。

カーブ推進も可能

推進力を伝達する樹脂発泡体が継手の屈曲を柔軟に吸収します。



 

NS形施工状況 NS形推進力伝達リング装着状況

 

 

NS形管の管長別可能曲率半径(m)

呼び径
mm

管長

設計曲げ角度

(θ/2)

2m 3m 4m
500 70 105 140 1.67
600 80 120 160 1.42
700 90 140 185 1.25
800 105 160 215 1.08
900 115 170 230 1.00

GX形管及びNS形管の継手性能

継手の種類 GX形 NS形
適用口径 75~300・400 75~900
継手性能

(1)継手伸縮量:管長の±1%
(2)離脱防止性能:3DkN
 (但し、D:管の呼び径mm)

詳細

機能

推進力は挿し口に固定されたサドルバンドからEPSリングを介し、受口に伝されます。EPSリングは推進に必要な耐荷力を備えており、推進中に潰れてしまうことはありません。地震などで耐荷力以上の圧縮力が作用するとEPSリングは圧壊し、継手が圧縮されます。




その他

推進力伝達リングの構造

本工法の特長は、既存の耐震管に推進力伝達リングを取付けるだけで、今迄の推進工法にはなかった圧縮方向の伸縮性能が得られます。この推進力伝達リングは、サドルバンド、キャスターおよびEPSリング(発泡ポリスチレン樹脂)で構成されており、サドルの締結部にキャスターを取付けることで、推進力を極めて小さくできます。このためEPSリングのような圧縮強度の小さい材料でも継手の圧縮代を確保しながらさや管内に挿入することが可能となります。EPSリングは、地震などの大きな力が作用すると圧縮されて継手を自由に伸縮させることが可能です。

さや管の適用口径と管種

GX形・NS形
呼び径
mm
さや管最小口径
ヒューム管 鋼管
75 250 200
100 250 300
150 300 350
200 350 400
250 400 450
300 500 500
350 600 600
400 600 600
450 700 700

NS形
呼び径
mm
さや管長最小口径
ヒューム管、鋼管
500 900(800)※1
600 1000(900)※1
700 1100(1000)※2
800 1200(1100)※2
900 1350

※1 エアミルク等の配管が不要の場合
※2 専用サドル使用の場合

NS形EPSリングの圧壊試験状況

本ページの所管部署 鉄管事業部

製品一覧に戻る

水パイプライン製品広告

  • ダクタイル鉄管価格表
  • ダクタイル鉄管カタログ一覧
  • ダクタイル鉄管ガイドブック
  • 継手シンボル表
  • バルブ価格表
  • バルブCADデータ・ダウンロード
  • 化成品価格表
  • ハザードレジリエント ダクタイル鉄管
  • ハイブリッドシステム工法協会
  • Re-パイプシステム工法協会 公式Webサイト