ケイエステック

一般事業主行動計画について

「女性活躍推進に向けた取り組み」

ケイエステックでは、女性の活躍推進に向けた取組みを行っております。

女性活躍推進法とは

女性活躍推進法(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)は、職場における女性の活躍を後押しするための法律です。働くことを希望する全ての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会を実現するために、国や地方公共団体、民間企業※に対し、自社の女性活躍に関わる状況を把握し、行動計画の策定・公表することが義務付けられました。

※従業員301人以上の企業は、女性活躍推進法に基き一般事業主行動計画を策定・届出・公表し、計画を実行する義務があります(従業員300人以下の企業には努力義務があります)。

一般事業主行動計画とは

女性活躍推進法における一般事業主が行う取組みの流れとしては、自社の女性従業員の活躍に関する状況把握、課題分析を行い、一般事業主行動計画を策定、社内に周知するだけでなく、社外に公表します。行動計画には(a)計画期間、(b)数値目標、(c)取組内容、(d)取組の実施時期を盛り込むことが必要です。

「ケイエステックの取り組み」

当社の課題

採用者に占める女性の割合が少ない。

目標と取組内容

目標

定期採用応募者における女性比率を30%にする。

取組内容

採用パンフレットや説明会で女性活躍推進の取組みを進めていることをアピールし、特に技術系・理系女子学生の雇用に対し重点的に広報活動を行います。