What’s CFRP?

CFRPとは

CFRPは金属より強くて軽い、先進的な複合材料です。航空機、自動車、宇宙産業から医療まで、様々な分野での活用が見込まれています。

CFRPとは TOP
 

Solution

ソリューション

国内初のデモンストレーションプラントを設置し試作から量産まで、お客さまの様々なニーズにワンストップでお答えします。

ソリューション TOP
 

About us

私たちのこと

コンポジットプロジェクト室長より皆様へのメッセージと、所在地・アクセス情報をご案内いたします。

私たちのこと TOP
 
CLOSE
量産設備・システム / 引抜成形 / 繊維配向のコントロールにより、強度を向上させたCFRP引抜成形プロセスを開発
量産設備・システム / 引抜成形 / 繊維配向のコントロールにより、強度を向上させたCFRP引抜成形プロセスを開発

パイプなどの筒状パーツを低コストで連続成形

連続繊維に樹脂を含浸させて金型に引き込み、加熱硬化させて成形します。
繊維配向のコントロールにより、強度を向上させたCFRP引抜成形プロセスを開発しています。

System summary

システムの特長

炭素繊維の配向コントロールによる物性向上

量産性が高く、同一断面の連続成形が可能な引抜成形。複雑な断面や閉断面の成形も可能です。
クリモトでは、炭素繊維による引抜成形を開発し、さらに繊維配向をコントロールすることで、軸方向の物性だけでなく、円周や斜め方向の強度を向上させるプロセスを開発しています。

炭素繊維の配向コントロールによる物性向上 炭素繊維の配向コントロールによる物性向上

Parts

成形品

引抜成形品

クリモトは、長年にわたりガラス繊維を使用した引抜成形品を量産しています。この技術・ノウハウを活かして、新たに炭素繊維とエポキシ樹脂による引抜成形品の生産に取り組んでいます。
また、さらなる技術開発として、軸方向以外の強度を向上させるために、繊維配向コントロール技術の開発を進め ています。

  • 炭素繊維配向引抜試作品1
  • 炭素繊維配向引抜試作品2

引抜成形の成形断面例

引抜成形は、軸方向に同一断面の成形品を連続して成形することが可能です。成形の断面は、パイプ断面、四角断面、その他異形断面にも対応します。

  • 引抜成形の成形断面例

CONTACT

お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

受付時間:平日9:00 ~ 17:00

WEBによるお問い合わせ

お問い合わせフォーム
お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ