What’s CFRP?

CFRPとは

CFRPは金属より強くて軽い、先進的な複合材料です。航空機、自動車、宇宙産業から医療まで、様々な分野での活用が見込まれています。

CFRPとは TOP
 

Solution

ソリューション

国内初のデモンストレーションプラントを設置し試作から量産まで、お客さまの様々なニーズにワンストップでお答えします。

ソリューション TOP
 

About us

私たちのこと

コンポジットプロジェクト室長より皆様へのメッセージと、所在地・アクセス情報をご案内いたします。

私たちのこと TOP
 
CLOSE

量産設備・システム / ハイサイクルRTMシステム / 高品質かつハイサイクルな成形システム
量産設備・システム / ハイサイクルRTMシステム / 高品質かつハイサイクルな成形システム

成形時間が短く高品質で、コスト低減も可能

プレス金型内に積層された炭素繊維シートに、樹脂を高圧で注入・含浸させ、加熱硬化させる成形システム。
大幅にタクトタイムが短縮されるだけでなく、高価なプリプレグを使用しないためコストが低減されます。

System summary

システムの概要

システムの概要
システムの概要

System features

システムの特長

ハイサイクル成形

従来のプロセスでは、炭素繊維への樹脂の含浸や樹脂の硬化プロセスなどに時間がかかり、成形するまでに数十分から長いものでは数十時間のタクトタイムが必要でした。
ハイサイクルRTMでは、特殊な注入ユニットと専用の高速硬化性樹脂を用います。主剤と硬化剤を衝突混合させ、そのまま高圧で繊維に注入・含浸させることで、含浸と硬化時間が大幅に短縮されて、5分レベルでのハイサイクル成形が可能となりました。

ハイサイクル成形

高品位CFRPのオートメーション成形

連続繊維と熱硬化性樹脂を使用することにより、素材の特性を最大限発揮させて高強度で意匠性に優れたCFRPが成形できます。また、シートの裁断・積層、プリフォームから成形に至るまで自動化されたオートメーションラインにより、量産時でも品質を安定させることができます。

高品位CFRPのオートメーション成形

多彩な注入モード


パルスインジェクション

大型パーツを成形する際に、複数回に分けて樹脂を注入することで含浸性が高まり、成形不良の発生を防ぎます。


ギャップインジェクション

金型にすきまをつくり、そこに樹脂を流し込みます。樹脂が繊維内を移動する際の抵抗が最小限になり、成形圧力を低減できます。

オープンインジェクション
(Wet Compression Molding)

金型内へ注入するのではなく、直接プリフォームに樹脂を塗布したのち、プレス機で成形します。成形圧力のさらなる低減につながります。

HC-RTM(Normal/Gap)

Spec

仕様

繊維 各種織物、NCFシート、UDシート等
樹脂 エポキシ、ウレタン等熱硬化性樹脂
成形サイクル 5分(目標)
主要設備 高圧注入機ユニット
成形用油圧プレス
プリフォーム用プレス等

Parts

成形品

連続繊維と熱硬化性樹脂を使用した高品位な成形品。自動車の構造材や意匠材への採用に適します。
オートメーションプロセスによる量産に最適なデザインや積層パターン、注入条件などをご提案します。
STEP1シート積層。STEP2プリフォーム。STEP3成形品。

CONTACT

お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

受付時間:平日9:00 ~ 17:00

WEBによるお問い合わせ

お問い合わせフォーム
お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ