Vol.04
Readco Kurimoto,LLC

技術
化学反応で、
新たな領域へ

President
David Sieglitz

English page

製品・取組について
お教えください。

Readco Kurimoto,LLCの製品は、一般的に混練機および反応機と呼ばれます。主力製品はCP(Continuous Processor)と呼ばれる連続式混練機です。その他にもCBMSCPCHRなどがあり、お客様からは高い評価を得ています。
一般的に混練機はいわゆる「練って混ぜる」機械ですが、様々な材料を片方から投入し、混練機の中で均一に混練・混合させ、もしくは内部に熱などを加えることで化学反応を起こさせることなどにより、もう片方からお客様の要望通りの成果品を取り出すことが要求されます。お客様の要求次第では非常に制御が難しく高度かつ繊細なコントロールが必要です。
当社製品をお使いいただいているお客様は食品から衛生医薬品分野まで広範囲で用途も様々です。市場規模も成長を続けていますが、その他にも潜在的需要は数多くあるため、多種多様な分野のお客様に当社の強みである連続処理技術を提案しています。

Readco Kurimoto,
LLCの強みは?

当社の財産は「技術」と「人材」です。これが当社の強みであり、差別化要因となっています。特に社員の質の高さはお客様に評価いただく一番の要因であると考えています。当社の社員はそれぞれが「新たな技術を学ぼう」という姿勢や「仕事を通じて成長したい」という思いを持っていることから、過去には米国有名メーカーのお客様からも当社「人材」について最大級の賛辞を頂いたりもしました。

一方で、当社の持続的成長のためには以下の点が必要だと考えています。
1.お客様の要求に沿った高品質の機械を納期通りに届けること。
また、お客様の期待以上の価値を提供すること。
2.様々な分野のお客様との良好な関係を構築し維持していくこと。 3.当社のパートナーである販売代理店に対して、互いに尊重しあい信頼関係を築き上げていくこと。

このように、お客様の期待を上回る価値を提供することで、当社はお客様および販売代理店と非常に良い信頼関係を築いてきました。これらも当社の大事な財産の一つです。

クリモトとReadco Kurimoto,LLCの
コラボレーションについて教えてください。

当社は長年にわたり、クリモトと多くの実り多い技術交流を実施してきました。そもそも、クリモトの機械システム事業部で扱っているKRCニーダという機械は、当社の前身会社との技術提携により開発された機械です。このように、長い間当社とクリモトは互いに研鑽しあいながら成長してまいりました。最近では、クリモトからの技術で新たにCHRを当社ラインナップに加えました。なお、当社およびクリモトの技術者とも日米双方を訪問し、年に2~3回は定期的に技術交換会を実施するなど頻繁に情報共有を行っていますが、一方で当社の自由闊達な雰囲気はクリモトによって尊重され、独自性を損なうことはありません。

仕事のやりがいを教えてください。

私の最大の喜びは、当社の社員が仕事の面でも個人としても成長することです。そのために当社は様々な支援を行っています。
前述のとおり、当社の一番の強みはチームメンバーの能力です。よって、当社に新しく入社した方には、まずはお客様とよりよい関係を築くための方法・手段を身につけるよう、個人としての成長を目指してもらっています。こうして、当社の社員一人一人が個人としてのレベルアップを行い、これによって組織が活性化して新しいアイデアやコンセプトが生まれ、当社が持続的に成長し続けることが仕事のやりがいであり、私の情熱でもあります。

今後、事業をどうしていきたいですか?

当社社員の平均在職期間は約10年で、アメリカでの一般的な在職期間約4年と比較するとかなり長く在職していることがわかります。過去に当社で働いていた人々も、30年以上働く人も多くいました。これは、当社が向かう方向性を当社社員一人一人が理解し、一丸となって取り組んでいることにほかならないのです。よって、過去の諸先輩方が築き上げたノウハウを発展させ、当社将来に向けてこれらを生かせるようにしていくことが私の使命です。ちなみに、以前クリモトのメンバーから「非常に日本人的だ!」と言われたことがあります。たしかに日本の文化や食べ物(特にたこ焼き!)が大好きです。こういわれたことは非常に嬉しいことでありクリモトの一員であることを誇りに思えるものでした。引き続き、クリモトとの関係を大事にし、共に成長したいと考えています。
当社とクリモトは、遠いようで非常に近いのです。ぜひ、当社にもお越しください!

お問い合わせ

Readco Kurimoto,LLC

Tel : +1-717-848-2801

CBM・・・Containerized batch mixer【シービーエム】 原料を容器に入れ攪拌混合する機械。バッチ式(起動~材料投入~排出~停止までの工程を1サイクルとして繰り返す方式)での運転を行う。 SCP・・・Self-Cleaning Processor【エスシーピー】 主に粘性の高い液状、スラリー状の原料について混練、混合、乾燥を連続で行う機械。名前のとおりセルフクリーニングが可能な為、安定して連続運転が可能。 CHR・・・Continuous Hybrid Reactor【シーエイチアール】 混練に加えて機械内で化学反応処理が可能な反応機。高粘度連続処理、長時間滞留による各種重合反応、高度な脱モノマープロセスに対して効率的な生産が可能。