モノづくりで未来を創る、クリモト

鉛フリー銅合金「クリカブロンズ」 [栗本鐵工所]

お問い合わせ

鉛フリー銅合金「クリカブロンズ」

【特許登録 第3946244号】

イメージ

特徴

  • Cu-Sn-Zn-Bi-Ni系の鉛フリー銅合金です。
  • 鉛の浸出量がほとんどなく、給水装置器具、水道施設器具各種部品(バルブ、継手、減圧弁、水栓バルブ、水道メーター、ポンプ部品など)に適用できます。
  • Ni含有により耐圧性が優れ、厚肉鋳物にも適しています。
  • 鋳造方案は、JIS H5120 CAC406と同等条件で鋳造可能です。
  • Ni-P-Snのバランスにより切削加工性が優れています。
  • 機械的性質は、JIS H5120 CAC406と同等です。

化学成分

Cu-Sn-Zn-Bi-PにNiが1.5~2.5含有しています。

JIS規格およびCDA規格の化学成分

mass%

種類NiSnZnBiPPbCu
クリカブロンズ地金
JIS H2202 CACIn904
1.5~2.5 3.0~5.0 6.0~9.0 1.0~2.0 ≦0.03 ≦0.1 Bal.
クリカブロンズ鋳物
JIS H5120 CAC904
1.5~2.5 3.0~5.0 6.0~9.0 1.0~2.0 ≦0.05 ≦0.25 Bal.
クリカブロンズ連続鋳造鋳物
JIS H5120 CAC904C
1.5~2.5 3.0~5.0 6.0~9.0 1.0~2.0 ≦0.5 ≦0.25 Bal.
米国CDA C89845 1.5~2.5 3.0~5.0 6.0~9.0 1.0~2.0 ≦0.05 ≦0.09 Bal.
成分代表例 1.7 4.0 7.0 1.7 ≦0.05 ≦0.25 Bal.

機械的性質

機械的性質は、CAC406と同等です。

切削性

  • 被削性係数は、CAC406Cを100とした場合、80~90です。
  • BiならびにNi化合物の存在により優れた切削性が得られます。
  • 切削粉は、連続的で巻いた切削粉にはならず、従来の機械加工方法で対応可能です。
イメージ

CAC406C 切削粉形状

イメージ

クリカブロンズ切削粉形状

なぜNiを含有させるのか?

Niの含有させることにより、Ni-Sn化合物、Ni-P化合物がBi周辺に生成し、耐圧性、切削性を向上できます。

イメージ

EPMAによる元素分析結果

さらに詳細な情報は、こちらのPDFデータをご覧下さい。

「CAC904Inの販売について」CAC904インゴットは、栗本商事、Jマテ.カッパープロダクツ殿および京和ブロンズ殿とライセンス契約を締結し、3社より購入ができます。